drupal

パンテオンが750社以上のウェブサイト制作パートナーを獲得したと発表

ユーザー Mr. Union の写真
2015年5月13日 -- Mr. Union

パンテオンは、2010年に設立され、WordPressとDrupalに特化したPaaSプロバイダーで、ウェブサイト開発・運用ツールを提供している。
パートナー企業は、パンテオンのプラットフォームを活用する事で、DevOpsの効率化を図る事ができる。
パートナー企業であるアリー・インタラクティブ(Alley Interactive)、ノースポイント・デジタル(NorthPoint Digital)は、パンテオンのプラットフォームを利用して、数千もの大規模サイトを開発した実績がある。

パンテオンが提供する代理店向けに提供するプラットフォーム、「Pantheon for Agencies for free」は、ワークフロー管理、ロール管理、DevOpS自動化等の機能を提供し、DrupalとWordPressに対応している。
同社のPaaSプラットフォームは、アリゾナ州立大学、シスコ、インテル、そして国連といった企業・機関に採用されている。

DRUPALCON2015 米LAで開催

ユーザー Mr. Union の写真
2015年5月12日 -- Mr. Union

DRUPALCON2015が5月11日から15日まで米LAで開催された。
DRUPALCONは、オープンソースのCMSであるDrupal(ドルーパル)のコミュニティの会合で、北米、欧州、その他の地域で年3回、開催される。今回は、北米地域での開催で、Drupal研修、各種サミットやその他様々なイベントがあり、展示会等がある。
米Drupal専用のホスティング会社の大手アクィア(Acquia)、ブリンク リアクション(Blink Reaction)、プロピープル(Pro People)やパンテオン(Pantheon)、コマースガイズ(CommerceGuys)等の企業がスポンサーとして参画している。

リサーチ会社クラッチがDrupalの開発会社のトップ3社を発表

ユーザー Mr. Union の写真
2015年5月9日 -- Mr. Union

5月7日、米リサーチ会社のクラッチは、Drupalの開発のトップ企業を発表した。評価は、Drupalを使ったウェブ開発への集中度と、クライアントに対するデリバリー品質を、独自の項目でマップ化したもの。

選出されたトップ企業三社は、以下の通り。

・アーバン インサイト(Urban Insight)
https://www.urbaninsight.com/

・パランティア(Palantir)
http://palantir.net/

・アイソベラ(Isovera)
https://www.isovera.com/

Drupalについて

ユーザー Mr. Union の写真
2015年4月9日 -- Mr. Union

WCMS(ウェブサイトコンテンツマネジメントシステム)であるDrupal(ドルーパル)は、多数のユーザや開発者によって利用されているオープン・ソース・ソフトです。 300万以上のウェブサイト、登録ユーザー数100万以上、約20000の拡張モジュールがあり、100カ国以上の言語に対応しています。Drupal(ドルーパル)には、業種・業態向けの様々なモジュールが準備されており、自由度が高く、導入のしやすさ、他サービスとの連携がしやすいのが特徴です。米国ホワイトハウスやNASA、スタンフォード大学等の高度なセキュリティが要求される大規模サイトや多機能ウェブサイトなどに数多く採用されています。

 

 

RSS - drupal を購読