情報・通信

OpenStack サミット 2015バンクーバーで開催

ユーザー Mr. Union の写真
2015年5月23日 -- Mr. Union

OpenStackサミットは、半年に一回、開発者やベンダーが集い、オープンソースのクラウドプラットフォームであるOpenStackについて、最新のユーザー導入事例の議論を行う。バンクーバーで開催された今回のイベントでは約6000名が参加した。 世界最大の小売業者のウォルマートの導入事例、eBAY、PayPal、TD Bank、NASAの技術動向等、また最新リリースのKiloやハイブリッドクラウドへ向けた取り組みが紹介され、各種テーマに関する議論がされた。

ヘッドラインスポンサーには、下記の企業が参画している。

インテル

パンテオンが750社以上のウェブサイト制作パートナーを獲得したと発表

ユーザー Mr. Union の写真
2015年5月13日 -- Mr. Union

パンテオンは、2010年に設立され、WordPressとDrupalに特化したPaaSプロバイダーで、ウェブサイト開発・運用ツールを提供している。
パートナー企業は、パンテオンのプラットフォームを活用する事で、DevOpsの効率化を図る事ができる。
パートナー企業であるアリー・インタラクティブ(Alley Interactive)、ノースポイント・デジタル(NorthPoint Digital)は、パンテオンのプラットフォームを利用して、数千もの大規模サイトを開発した実績がある。

パンテオンが提供する代理店向けに提供するプラットフォーム、「Pantheon for Agencies for free」は、ワークフロー管理、ロール管理、DevOpS自動化等の機能を提供し、DrupalとWordPressに対応している。
同社のPaaSプラットフォームは、アリゾナ州立大学、シスコ、インテル、そして国連といった企業・機関に採用されている。

DRUPALCON2015 米LAで開催

ユーザー Mr. Union の写真
2015年5月12日 -- Mr. Union

DRUPALCON2015が5月11日から15日まで米LAで開催された。
DRUPALCONは、オープンソースのCMSであるDrupal(ドルーパル)のコミュニティの会合で、北米、欧州、その他の地域で年3回、開催される。今回は、北米地域での開催で、Drupal研修、各種サミットやその他様々なイベントがあり、展示会等がある。
米Drupal専用のホスティング会社の大手アクィア(Acquia)、ブリンク リアクション(Blink Reaction)、プロピープル(Pro People)やパンテオン(Pantheon)、コマースガイズ(CommerceGuys)等の企業がスポンサーとして参画している。

ミランティスがOpenStack上で、KubernetesをMURANOで統合

ユーザー Mr. Union の写真
2015年5月9日 -- Mr. Union

プライベートクラウド上でコンテナ技術であるDockerをより運用しやすくするように、Googleとミランティスが共同のプロジェクトを進めている。

Googleとミランティスは、Googleが開発したKubernetes(キューバーネイツ)というオープンソースのコンテナ管理ツールを、プライベートクラウド基盤であるOpenStackを運用しやすくなるように、MURANOと呼ばれるアプリケーションカタログとの連携を進めている。Dockerのようなコンテナプラットフォームを、Kubernetes(キューバーネイツ)を使って、プライベートクラウドとの連携を進めていき、プライベートクラウドと、パブリッククラウドのインフラを、ハイブリッドクラウドとして、統合しようという試みである。例えば、Mirantisが提供するようなOpenStackのプライベートクラウドと、Googleが提供するパブリッククラウドであるGoogle Container Engineを、コンテナ技術Dockerで連携する事で、クラウドの統合を目指している。この事により、企業は、パブリッククラウドとプライベートクラウドが分散された運用を、コンテナ技術であるDokcerを使って統合する事で、コスト削減とダイナミックなサービス運用が実現できるようになるかもしれない。

リサーチ会社クラッチがDrupalの開発会社のトップ3社を発表

ユーザー Mr. Union の写真
2015年5月9日 -- Mr. Union

5月7日、米リサーチ会社のクラッチは、Drupalの開発のトップ企業を発表した。評価は、Drupalを使ったウェブ開発への集中度と、クライアントに対するデリバリー品質を、独自の項目でマップ化したもの。

選出されたトップ企業三社は、以下の通り。

・アーバン インサイト(Urban Insight)
https://www.urbaninsight.com/

・パランティア(Palantir)
http://palantir.net/

・アイソベラ(Isovera)
https://www.isovera.com/

自律飛行可能な国産ドローンのデモ公開

ユーザー Mr. Union の写真
2015年4月29日 -- Mr. Union

2015年4月28日、千葉大の野波教授を会長とするミニサーベイヤーコンソーシアムは、自律飛行可能な国産ドローンのデモを公開した。 今回公開されたデモは、下記の通り。

1.自動離着陸を含めて複数機でフォーメーション飛行のデモ

2.有線給電ドローンのデモ 

3.全天候型ドローン(完全防水、防塵型)

4.屋内完全自律飛行のデモ 

5.シミュレーターのデモ

野波教授によると、ドローンの悪用、事故防止の為には、以下の3つの事が重要だと述べた。

ページ

 情報・通信 を購読