情報・通信

DockerがシリーズDとして95百万ドルを調達

ユーザー Mr. Union の写真
2015年4月25日 -- Mr. Union

米ドッカー社がシリーズDとして、9500万ドルの資金調達を発表し、新規の調達引受先として、Coatue、Goldman Sachs 、Northern Trustの他、既存の投資家として、Benchmark、Greylock Partners、Sequoia Capital、Trinity Ventures、Jerry Yang’s AME Cloud Venturesの名前があがっている。ドッカーは、ETR(エンタープライズ・テクノロジー・リサーチ)社の最近の調査 「An April 2015 survey of 685 enterprise CIOs」によると、6年間で最も高いスコアを出しており、顧客となりうる企業の中でも注目を浴びている技術の一つである。 現在、ドッカーはBBC、Gilt, Goldman Sachs、Groupon、 ING, Spotify、やYelpといった企業で利用されており、ドッカー社がスポンサーをしているDockerオープンソースプラットフォームを利用する事で、IT部門のアプリケーション開発・保守の効率性を大幅に向上する事ができるという。

SugarCRM Sugar7.6版を発表 BPMに対応

ユーザー Mr. Union の写真
2015年4月23日 -- Mr. Union
SugarCRM

CRM専業ソフトウェアベンダ大手のSugarCRM社が主催するSugarCONが、4月20日から22日まで、アメリカのサンフランシスコで開催されている。SugarCRMが提供するCRMソフトのSugarは世界120カ国、150万人以上のユーザーに利用されている。
21日、SugarCRMは最新版であるSugar 7.6を発表し、BPM(ビジネスプロセスマネジメント、Business Process Management)の機能に対応した。SugarCRM社によると、BPMの機能を利用する事により、稟議、契約、支払、研修等の申請・承認といった煩雑な業務プロセスを、自動化する事で、効率化を図れるとしている。追加されたBPMの主な機能は下記の通り。

1.ビジュアルデザイナー
2.同時並行・複雑なワークフローのサポート
3.ビジネスルールビルダー

製品のリリースは、来月5月を予定している。

Airware社が産業ドローン向け専用OSを発表

ユーザー Mr. Union の写真
2015年4月18日 -- Mr. Union

エアウェア社は4月16日、産業ドローン向け専用OSである「航空情報プラットフォーム」(Aerial Information Platform)を発表した。 同社の発表によると、最初の企業ユーザーは、GEであるとしている。 エアウェア社「航空情報プラットフォーム」(Aerial Information Platform、AIP)は、ハードウェア、ソフトウェア、クラウドのプラットフォームであり、顧客企業が、政府規制や保険の要件に満たしつつ、迅速に、安全にドローンを展開できるソリューションである。AIPを利用する事により、企業は、インフラ点検、パブリックセーフティ、環境モニタリング、測量・地図作成、精密農業、救急・探索、自然保護等に使われる様々な商用アプリケーションに必要な航空データを生成、分析できるようになる。 エアウェア社のAIPは、サードパーティーベンダが提供する様々なセンサー、カメラ、ソフトウェアアプリケーションや、データ分析ツールとの統合を実現するという。 同社の発表によると、GEが最初の大規模顧客になる予定で、昨年の11月にGE ベンチャーが同社に出資をしている。

ミランティス OpenStackトレーニング提供

ユーザー Mr. Union の写真
2015年4月13日 -- Mr. Union

OpenStackに特化して製品、技術、サービスを提供する米ミランティス(Mirantis, Inc. 本社:米カリフォルニア州) の日本法人であるミランティス・ジャパン合同会社 (本社:東京都千代田区、リージョナルディレクター 下平 中)は、日本国内のクラウドシステム開発者や運用者向けに、OpenStackの実践的なトレーニングである「OpenStack Bootcamp(ブートキャンプ)」を2015年5月26日から提供開始します。

申込み・お問い合わせは、こちらまで。
http://genero.jp/contactus/

総務省 ロボット用電波に関する検討委員会を開催

ユーザー Mr. Union の写真
2015年4月9日 -- Mr. Union

2015年4月9日 総務省はロボット用電波に関する検討委員会を開催した。(情報通信審議会 情報技術分科会 第20回 陸上無線委員会) 「ロボットにおける電波利用の高度化に関する技術的条件」(平成27年3月12日付け諮問第2036号)に関する提案募集に対して、募集結果について、発表した。 募集内容は、下記の通り。

Drupalについて

ユーザー Mr. Union の写真
2015年4月9日 -- Mr. Union

WCMS(ウェブサイトコンテンツマネジメントシステム)であるDrupal(ドルーパル)は、多数のユーザや開発者によって利用されているオープン・ソース・ソフトです。 300万以上のウェブサイト、登録ユーザー数100万以上、約20000の拡張モジュールがあり、100カ国以上の言語に対応しています。Drupal(ドルーパル)には、業種・業態向けの様々なモジュールが準備されており、自由度が高く、導入のしやすさ、他サービスとの連携がしやすいのが特徴です。米国ホワイトハウスやNASA、スタンフォード大学等の高度なセキュリティが要求される大規模サイトや多機能ウェブサイトなどに数多く採用されています。

 

 

ページ

 情報・通信 を購読