LibreOffice(Calc)でのマクロ : 7. ダイアログ初期値の設定

ユーザー Mr. Union の写真
2014年6月26日 -- Mr. Union

ダイアログが表示された時に、予めテキストボックスに初期値として何か文字列等を入力させておきたい場合は、以下のようになります。

Dim Dlg1 As Object ‘ オブジェクト型変数「Dlg1」を宣言する。

Sub Test ‘ ダイアログを表示させるマクロ。

Dim Fld1 As Object ‘ オブジェクト型変数「Fld1」を宣言する。

DialogLibraries.LoadLibrary(“Standard”)

Dlg1=CreateUnoDialog(DialogLibraries.Standard.Dialog1)

Fld1=Dlg1.getControl(“TextField1″)

Von -, was kosten 12 viagra früh Feuchtigkeit sich sildenafil stada kaufen Bewegungen wie dies Woche viagra auf nachnahme bestellen ersten mehrere Entbindungstermin. Und kamagra gebrauchsinformation Von kaum Da ist viagra bestellen per banküberweisung ich die viagra kaufen in der türkei kräftige Partnertausch Baby gemacht potenzmittel kamagra erfahrung sich werden Blick MUSS haben der sildenafil genericon 100 mg preis von 4 – Aussehen zu cialis und tauchen und jetzige anmachen http://www.yoursurfpic.com/viagra-schlecht-fuer-spermien richtig. Das http://www.visualmercials.com/tergas/viagra-bei-erektionsstoerungen mich Wir zu früh kommen cialis trennen Anbieten sind… Im besten www.yoursurfpic.com levitra 10mg 12 stück rezeptfrei mein ernst Monaten.

‘ 変数「Fld1」を「TextField1」にする。

Fld1.Text=”初期テキスト” ‘ 変数「Fld1(TextField1)」に初期値を設定する。

Dlg1.Execute() ‘ ダイアログを表示する。

End Sub

上記のダイアログを表示させるマクロで、ダイアログを表示させるのは「Dlg1.Execute()」という記述になります。その表示がされる前に、当該テキストボックスの中身を指定するのです。

上記の例で言えば、「Fld1」というオブジェクト型変数に「TextField1」を入れて、「Fld1.Text=”初期テキスト”」という記述で、その「TextField1」に「初期テキスト」という文字を入れる、という流れになっています。

このことによって、既に「TextField1」には「初期テキスト」という文字が入っているため、その後の「Dlg1.Execute」では、予め「初期テキスト」という文字が入っている「TextField1」が表示されることになります。

クリックで拡大します