安倍晋三コールが鳴り響く秋葉原駅 – 衆議院選挙街頭演説

ユーザー Mr. Union の写真
2012年12月16日 -- Mr. Union

東京1区から出馬した山田美樹候補者の応援に、安倍自民党と、麻生元首相が、秋葉原駅電気街に姿を表した。 山田候補は、公募で選ばれた新人。経済産業省出身である経済政策の知識・強みを生かして、経済の再生を取り組んでいく述べた。また、これまでの民主党の嘘 をつく政治をやめさせるとした上で、若い人たちや真面目に働く人たちが、夢や希望をもてる様に取り戻したいと訴えた。

山田候補者の応援に駆けつけた麻生元首相は、「政権奪還は、手段でしかない。まっ先にやらなければならないのは、景気である。」と述べた。麻生元首相が演説を終えると、麻生コールが響き渡った。

また、安倍自民党総裁は、これまでの民主党の政策によって、日本の国益は、大きく損なわれたとした上で、景気回復へ向けて、思い切った財政政策の実 施、日教組の歪んだ教育の是正、尖閣諸島、北朝鮮問題に対する処置として、防衛力強化を訴えた。こうした安倍自民党総裁の語りかけに、聴衆は、力強い声 と、日章旗を振る事で応えた。安倍自民党総裁の演説が終わると、大きな安倍晋三コールが巻き起こっていた。

麻生元首相の演説の途中、秋葉原の上空を、どこかのヘリコプターが、至近距離で飛行していた。ヘリコプターの騒音で、一時、演説の声がかき消された事もあった。しかし、そのような騒音が入ったとしても、集まった多くの聴衆の熱気までは、掻き消すことはできなかった。

嘘をつくという表現が正しいかは、民主党のマニフェストの達成状況をみれば、一目瞭然だ。子供手当、ガソリン税等の暫定税率廃止、高速道路無料化、 最低保障年金制度、八ツ場ダムの建設中止、こうしたものは達成されず、挙句の果てに、マニフェストにない消費税増税を押し通した。

マスコミは、今後は、更に、安倍総裁が率いる自民党の批判を続けていくことが予想される。

しかし、特定の宗教法人や朝鮮系が多いパチンコ企業を顧客にしている広告代理店やメディアに、中立性や、まともなジャーナリズムを求めるのは、もはや無理なのだろう。

国民の意思は、選挙を通じて、示すのみである。

Source