安倍内閣総理大臣所信表明演説(第183回国会)

ユーザー Mr. Union の写真
2013年1月29日 -- Mr. Union

1月28日、安倍首相は第183回国会において、所信表明演説を行った。

 

安倍首相は、冒頭の挨拶の中で、アルジェリアで発生したテロ事件について、遺族の方に対するお悔やみの言葉を述べた上で、テロとの戦いへの強い決意を訴えた。

また、現状、日本政府が取り組む最重要課題として、「経済再生」「震災復興」「危機管理」の3つを挙げた上で、「危機の突破は、全閣僚が一丸となって取り組むべき仕事だ」と述べた。

一つ目の、「経済再生」については、「日本経済再生本部」を設置、「経済財政諮問会議」も再起動させ、1. 大胆な金融政策、2. 機動的な財政政策、3. 民間投資を喚起する成長戦略という「三本の矢」で推し進めるとしている。

二つ目の、「震災復興」については、これまでの行政の縦割りを排し、復興庁がワンストップで要望を吸い上げ、現場主義を貫くとし、今年度の補正予算においても思い切った予算措置を講じる事で、震災復興を加速させていくとしている。

三つ目の、「危機管理」(外交・安全保障)については、普天間飛行場の移設を始めとする沖縄の負担の軽減させつつ、日米同盟を一層の強化をしていく とした上で、アジア太平洋地域において、アセアン諸国との関係を強化に向けた戦略的外交を展開すると述べた。また、国境離島の振興・警戒警備、テロやサイ バー攻撃等に対する危機管理対応、北朝鮮による拉致問題の解決への決意を示した。

また、所信表明演説の前に、国会内での控え室の様子が、首相官邸のFacebookアカウントで公開されている。安倍首相によると、今回の演説は、最重要課題を3つに絞ることで、できるだけ、分かりやすいものにしたという。

「今日から国会が始まりました。国会の会期の冒頭には、総理大臣が自らの考え方を演説することになっています。現在、その演説を目前に控えて、国会 内の控室で待機中です。何度やっても、身の引き締まる思いがします。今回の演説は、3つの最重要課題に絞り、できるだけ分かりやすいものにしました。この あとテレビでも中継されるようですので、御覧いただけると嬉しく思います。もちろん、率直なコメントも大歓迎です。」

(引用 : 首相官邸Facebookページ

1月10日に開設した首相官邸のFacebookページであるが、Facebook上の「いいね!」の数は、既に14万9000人を越えている。

所信表明演説での安倍首相と麻生副総理

Source