我々の旅は終わらない – オバマ大統領二期目就任演説

ユーザー Mr. Union の写真
2013年1月23日 -- Mr. Union

2012年11月に再選されたオバマ米大統領は、1月21日、ワシントンDCの合衆国議会議事堂前(Capitol Hill)にて、二期目の就任演説を行った。 関連記事 オバマ米国大統領週次演説 – 2013年1月26日 : SEC委員長およびCFPB局長を指名へ オバマ米国大統領週次演説 – 2013年1月12日 : アフガニスタン戦争の終了とアメリカの再建 オバマ米大統領、包括的移民改革案を発表 : 今こそ、その時である(Now is the time)

大統領は、演説の中で、若年層の雇用の問題や、先月ニュータウンで起きた銃乱射事件に関して、次のように触れている。 「先駆者が始めた事を、我々の世代は、引き継いでいかなければならないと。妻や母や娘は、努力した分だけの生活ができるま で、我々の旅は終わらない。兄弟や姉妹が法の下で平等に取り扱われるまで、我々の旅は終わらない。もし、我々は、平等に創造されたのであれば、我々の他者 への愛も平等である。我々の旅は終わらない。投票するまでに何時間も待たされるような国民がいなくなるまでは。我々の旅は終わらない。努力し、希望に溢 れ、アメリカを「機会の土地」だと見ている移民たちを、迎え入れる、より良い道を見つけるまでは。若い学生や技術者たちが海外に追い出されるのではなく、 仕事につけるようになるまでは。我々の旅は終わらない。デトロイトの通りからアパラチアの丘まで、ニュータウンの小さな路地に至るまでの全ての我々の子供 たちが、愛され、大切にされ、いつも安全でいられるようになるまでは。」

また、オマバ大統領は、「宣誓の際に誓った言葉は、神と国家へのものであり、政党や派閥のものではない。従って、我々の任期中は、誠実に努めていく いかなければならい」とし、「その言葉そのものは、兵士が任務の際に誓う言葉や、移民が国籍をとる際の誓う言葉と、アメリカ国旗の旗の下、他の国民の人々 の言葉と変わらない」と述べた。そして、「みなさんと私」、国民として、国の行く道を決める力を持とう、単に投票するだけではなく、議論を形にする義務を 持とうと呼びかけた。

その後、大統領就任式パレードが行われ、議事堂前(Capitol Hill)からペンシルバニア通り(Pennsylvania Avenue)を抜けて、ホワイトハウスまで、行進が行われた。 Source ホワイトハウス Youtube : 2013 Highlights from the 2013 Inaugural Parade(大統領就任式パレード ハイライト) ホワイトハウス Youtube : 2013 President Obama Delivers His Second Inaugural Address(オバマ大統領二期目就任演説) ホワイトハウス Youtube : Our journey is not complete(我々の旅は、終わらない) ホワイトハウス Youtube : You and I, as citizens(みなさんと私、国民として) ホワイトハウス : Inaugural Address by President Barack Obama(オバマ大統領就任演説)