DockerがシリーズDとして95百万ドルを調達

ユーザー Mr. Union の写真
2015年4月25日 -- Mr. Union

米ドッカー社がシリーズDとして、9500万ドルの資金調達を発表した。この資金調達によって、AWS(アマゾンウェブサービス)、IBMやマイクロソフト等のパートナーのより深い統合を進められるとしている。

米ドッカー社がシリーズDとして、9500万ドルの資金調達を発表し、新規の調達引受先として、Coatue、Goldman Sachs 、Northern Trustの他、既存の投資家として、Benchmark、Greylock Partners、Sequoia Capital、Trinity Ventures、Jerry Yang’s AME Cloud Venturesの名前があがっている。ドッカーは、ETR(エンタープライズ・テクノロジー・リサーチ)社の最近の調査 「An April 2015 survey of 685 enterprise CIOs」によると、6年間で最も高いスコアを出しており、顧客となりうる企業の中でも注目を浴びている技術の一つである。 現在、ドッカーはBBC、Gilt, Goldman Sachs、Groupon、 ING, Spotify、やYelpといった企業で利用されており、ドッカー社がスポンサーをしているDockerオープンソースプラットフォームを利用する事で、IT部門のアプリケーション開発・保守の効率性を大幅に向上する事ができるという。

出所:http://www.businesswire.com/news/home/20150414005387/en/Docker-Secures-9...